--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-03

さよなら5266F

9月30日付けでまた新たに廃車となってしまった編成が出た。
5266Fである。

この編成は5200形としては最後まで優先席が新宿寄りに残っており、小田原寄りに変わったのは7月終わり頃と、5267F廃車後に施行されたので結構遅めの変更でした。
というわけで2?3日にかけて大野工場沿線へ行ってまいりました。

幌が・・・
↑4号車の新宿寄りを見る、座席が無いのが見えるだろうか? 【10月2日】

箱・・・
↑床下が綺麗になくなって残念 【10月3日】

床下生存中
↑1,2号車を見る、この日は天気が荒れてきたのであまり撮れず 【10月2日】

座席あり
↑2号車の新宿寄りを見る、内部には座席がまだあった 【10月3日】

【オマケ】
現在、相模大野駅周辺は再開発工事により、古い商業施設の解体工事が進んでおり、カメラを持ちあげればこんなの(↓)が撮れます。

あまり見れない
↑なんかかっけぇ 【10月3日】

10月1日現在の5000・5200形残存編成
5000形・・・5053F,5054F,5056F,5058F?5065F (4連×11本) 44両
5200形・・・5255F,5256F,5258F,5263F,5264F,5268F,5270F (4連×3本+6連×4本) 36両

総計・・・80両


・5000形5053F,5054Fは1969年製造の初期5000形グループ1次車の編成
・5060Fは両先頭車に電子警笛試験車だったため、スカートに穴が空いている珍編成
・5065Fは両先頭車の前面車両番号が他の編成よりも数字の間隔が空いている謎の珍編成
・5200形5255Fは4連化された中でも唯一のシールドビーム化された編成で更に「クハ5555」を含む編成
・5258Fは全車両旧式の空気式開閉ドアを使用している編成
・5264Fは6連グループの中で唯一原型ライト&デハ5314の屋根上がパンタグラフ撤去後もパンタ台が残っている最も珍しい編成


2009.10.3 23:04

comment

管理者にだけメッセージを送る

博麗ちゃんの賽銭箱
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ぶらり

Author:ぶらり
気まぐれだけどよろしくお願いしますm(_ _)m

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。