--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-17

いろいろあった1日

今日は朝の時間帯はいつもの場所でいつものを待ちました。


↑あ、いつもの時間にやって来たよ(´;ω;`)
これ・・・鵠沼第二踏切で撮ると改正前の2レとほとんど同じ時間に通過するんですよ。
これを見たらもう二度と来ないという実感も湧きました。
いつまでも感傷にひたっていてはきりがないのね、本当にありがとう富士・はやぶさ。


↑ギャー!なんじゃこりゃ(爆


↑相模湖の変電所火災でバカ停を余儀なくされた配9545レ


↑神出鬼没いたんかいな(´・ω・`)
武蔵野線内の検測という情報提供していただいたやまびこ様、ありがとうございます。
でもマヤ34(50だっけ?)-5005どこへ行った?

ではノシ

2009.3.17 23:19

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

やはり、「はやぶさ・富士」の廃止は、沿線の鉄道ファンらに相当な影響を与えてることでしょうね。まだまだブルトレのない東海道線に実感が持てない人が多いと思います。

写真の列車は788M(熱海8:23発東京行き)でしょうか? このスジも790Mと入れ替わりになったもの。改正前の790M(熱海8:25発東京行き)は途中の小田原で寝台待避の為に7分停車していました。やはり無意味な長停車を避ける為に時間の入れ替えが起こったんでしょうね。

それと、209系が何でこんなに短命なのか非常に気になります。500番台については京葉線に転用されているのですが、0番台などはどうして簡単に廃車してしまうのでしょうか?? 老朽化の面も大きいかもしれませんが、国鉄時代から活躍を続けている205系や211系はまだまだ元気で走っているのに、私が生まれて数年後に生まれた209系がどうして早死にしてしまうのか、そういう疑念を皆、抱いております。

これを東海道新幹線に例えれば、300系だと思います。新幹線の場合、寿命が20年くらいですから、まぁ仕方ないとしろ・・・・・。

No title

pko様、コメントありがとうございます。

>写真の列車
ええ、788Mです。10両かになって外から見てもきつそうですね・・・。
やはりこれも時間短縮になるのであれば辛抱しろってことでしょうかね。

>209系が何でこんなに短命
0番台については元が10年~15年の設計でしたが500番台は将来登場する通勤型電車に向けた本格的な物で、事実E231系の見本となっています。
そのため、E231系と同じくらい活躍すると思われます。更に最近では中央・総武線と京葉線の500番台はスカートも変更していることからまだまだ使いそうですね。

>205系や211系
やはり国鉄時代の設計は乗り心地よりも極力長く持たせることを考えていたのでしっかりとした設計になっているのではないのでしょうか。

>東海道新幹線
300系もこの先長くはないはずです。
そろそろ基本番台の本格廃車も始まってもおかしくないので乗車・撮影はお早めに。

あと今後東京方面へ出られるのなら是非201系にも乗車してみてください。
中間車のプーンというチョッパ音とジェット音はいいですよー。
博麗ちゃんの賽銭箱
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ぶらり

Author:ぶらり
気まぐれだけどよろしくお願いしますm(_ _)m

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。